×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




  ヒプノシスレポートNo.01


催眠に対する迷信あれこれ

日本人には「催眠術」という認識が一般常識である現在において、それに伴う誤解・曲解・迷信が後を絶ちません。
私自身、オカルトは好きですので、そういった魔法じみた考えというのはたまらなく好きなのですが、催眠はそのシステム上、誤解や迷信にとらわれた状態の相手に行う事は非常に困難です。
誤解の例をいくつかあげてみましょう。

・ごく限られた人のみ、習得できる
・誰でも瞬時にかかってしまう
・催眠は完全に眠っている状態であり、意識が無い
・催眠中の事は覚えていない
・催眠をかけている人の言葉に絶対服従であり、どんな命令でも実行してしまう

などなど。
これらは日本の大衆が作りだしたエンターテイメント「催眠術」のイメージそのものであり、幻想であるといえます。
これからいろいろと書いていきますレポートの内容を読んでいただければ、さまざまな現象の理由、仕組みがわかるかと思われます。

実際に、その催眠の仕組みに触れてみましょう。



※レポートNo.2は現在調整です。

レポートNo.00



[Back]


[Top]